エリュールとは誰か

ジャック・エリュール(Jacques Ellul、1912年1月6日 – 1994年5月19日)は、フランスのボルドーを拠点に活動したプロテスタント知識人・思想家。

「グローバルに思考し、ローカルに行動する」をモットーとし、パリの文化的・知的凝集力が強大なフランスにおいて、終生ボルドーに止まり、その地を活動の拠点とした。

Ellul4

 

 “a Christian ethicist, a thinker who seeks to explain how it is possible to live faithfully as a Christian under the cultural conditions created by the domination of technique.” 

from Greenman et al. Understanding Jacques Ellul

その生涯において、主として社会学と神学の2つの領域で、50冊以上の著作を残しており、それらは少なくとも12か国語に翻訳されている。主要な著作群以外に、 Réforme, Quotidien de Paris, Ouest-France, Sud-Ouest Dimanche などの雑誌・新聞に数多く寄稿。生涯に渡って執筆した論考は1000以上にのぼる

Ellul6

 

主著『技術社会』(原題は『技術、あるいは、世紀の賭け』 La technique ou l’enjeu du siècle)で、先駆的な現代テクノロジー批判と技術文明批評を展開したことで知られる。日本での知名度は全般的に低いが、主としてフランスと米国では広範な知的影響を及ぼしている。その影響は、例えば、産業社会批判で知られる思想家イヴァン・イリイチや、反グローバリズム(アルテルモンディアリスム)の活動家として知られる酪農家アナーキスト、ジョゼ・ボヴェ、「脱成長」を唱えるフランスの経済学者・社会哲学者セルジュ・ラトゥーシュ、などに及ぶ。

la_technique_ou_lenjeu_du_sicle_3-1999

 

キリスト教徒としては、フランスでは少数派であるフランス改革派教会に所属。バルト神学の決定的な影響の下に、社会学的思索と並行して神学的思索を重ね、既成のキリスト教や教会のあり方を厳しく批判し続けた。「信徒神学者」として、いくつものキリスト教倫理に関する書物や聖書注解書を著している。

 

Ellul5

コメントを残す

フランスの思想家ジャック・エリュールの研究サイト